新Search Consoleで使えるインデックスを早める方法!Fetch as Googleの代用に!

新しくなったSearch Consoleでは、Fetch as Googleが無くなってしまいました。

Fetch as Googleは記事を早くインデックスさせるための、必須ツールだったのですが・・・

でも安心してください。
ほぼ同じ効果のあるやり方がありますので、それを紹介しますね。

Fetch as Googleの利点

まずFetch as Googleって何?という人はこちらのコンテンツから読んで下さい。

記事を早くインデックスさせるFetch as Googleのやり方と意外なメリット
記事を早くインデックスさせるFetch as Googleのやり方と意外なメリット
ブログ初期は記事をアップしても、なかなかすぐにインデックスされません。 インデックスされないと検索結果に表示されませんよね。 早くイ...

ざっくり言うとFetch as Googleの利点は
・ 新規記事が早くインデックスされる
・ コピーコンテンツの判断材料になる
 
でした。


新Search Consoleでは、Fetch as Googleが無くなってしまったので、この利点が使えないのです。

と思っていましたが、
ちゃんと同じような事ができるツールが、新Search Consoleにもありました。

「URL検査ツール」です。

URL検査ツールの使い方

URL検査ツールの使い方を説明しますね。
このサイト、ass-works.com の場合でやってみましょう。


まず、Search Consoleにログインして、対象サイトをass-works.com にします。

左の欄から「URL検査ツール」をクリック。

最上部の検索窓に
「https://ass-works.com/」内のすべてのURLを検査 
と表示されているはずです。

URL検査ツール 使い方

この検索窓に新規記事のURLを入れます。


ちなみに過去記事のURLを入れると、
そのURLの記事が正常の場合は、このように表示されます。

URL検査ツール 使い方


アップしたばかりの新規記事は、おそらくこうなります。

URL検査ツール 使い方
そこで、赤枠のところの「インデックス登録をリクエスト」をクリックします。

するとこういう画面に・・・
少々時間がかかります・・・

URL検査ツール 使い方


その後、このような表示になったらOKです。

URL検査ツール 使い方

URL検査ツールの補足

もともとURL検査ツールはインデックスを早めるためのツールではありません。
そのURLが正常かどうかを確認するためのツールです。

何か異常がある場合は、ここでエラーの詳細が表示されるわけです。

詳細は公式ページのヘルプをご覧ください。
URL 検査ツール ヘルプページ

個人的には「モバイルユーザビリティ」も確認できるのでいいと思っています。


今でも旧Search Consoleに戻ればFetch as Googleは使えるのですが、
そのうち完全に新Search Consoleに切り替わってしまいますので、どうせなら早くから慣れていた方がいいと思います。


Googleでは公式に、
Fetch as Googleをしてもインデックスを100%保証するものではない。
と言っています。

今回のURL 検査ツールを使った方法も、100%ではないでしょう。
でも、Fetch as Googleも効果はありましたので、このURL 検査ツールもぜひ使って見ましょう。